スタッフ ブログ

【家族で聞くいのちの物語】がありました
2018年1月6日

IMG_3934[1]

まだまだ初詣のお客様で賑わう鎌倉駅、小町通りも人であふれかえっていました。

今日は冬休み最後の土曜日、8家族(合計30名)の方がご参加下さいました。

0歳~9歳までのお子さんが受講して下さいましたが、子どもたちが目をキラキラさせて、真剣に話を聞いている姿がとても印象的でした。

感想をいくつか紹介させて頂きますね。

・下の子が産まれて赤ちゃん返りがあったので、「大丈夫!二人とも大切だよ!」と、繰り返し伝えてきました。先生のお話を聞いている途中から下の子を「抱っこして、ぎゅっとしたい」と言っていました。「自分も大切にされているよ」ということが、お兄ちゃんに伝わって良かったです。

・6歳の息子が、このところ「ぼくはどうやって生まれてきたの?どこからでてきたの?」と、興味を持つようになってきて、私はそれに上手に答えることができなかったので、今回自分の耳でお話を聞いて感じるものがあったと思います。赤ちゃんの生まれる映像を見て、目を潤ませているのを見て、私や家族のことを思ってくれているだなあと思い、私もグッときました。今日は主人の誕生日、普段あまり無関心な主人も何か感じてくれたらいいなと思います。

・いのちより大切なものはないんだなと思いました。

・うまれた時、あんなにちっちゃいとおもわなかった。

 

「いのちって凄い!!」「自分って凄い!!」を、沢山感じてもらえたら嬉しいです(^^)

 

ーお詫びー

今回【家族で聞くいのちの物語】の開催時間が、ホームページ上で一部間違った時間をお知らせして、

ご迷惑をおかけしまい申し訳ございませんでした。