バースレビュー

何度も何度も心が折れそうになりましたが
2020年5月6日

4月出産 20歳代 初産

病院に着いてから最短で産みたいとイメージしていたので、家でできるだけ陣痛を我慢していました。陣痛室に着いてから子宮口の開き具合を見ていただき、8㎝開いてますよ!と助産師さんに教えていただいた時は、やった!!直ぐに生まれる!!と、思いましたが、それ程出産は甘くはありませんでした。分娩台へ移動してから出産までの時間が、私にはとても長く感じました。辛くて痛い時間が続き、早く産みたい!!赤ちゃんを外に出してあげたい!!もうすぐ会える、嬉しい!!という気持ちがある一方で、もう頑張れない。やめたい。いきみたくない。と、何度も思いましたし、口に出して叫んでいました。ですが、私が無事元気な赤ちゃんに出会えたのは、先生方の「赤ちゃんも頑張っているよ!」の言葉や私を徹底的にサポートしてくださった、先生、助産師さんのおかげだと思っています。本当に分からないことだらけで、何度も何度も心が折れそうになりましたが、その都度サポート続けてくださった皆様には感謝しかありません。

また、私の場合は主人に立ち会ってもらう予定は当初ありませんでしたが、最終的には出産までサポートしてくれました。途中、腰のさすり方がイマイチだったり、ボケっとしていることもあったりで、イラっとすることもありましたが、今となっては主人に付き添ってもらい、私の出産する姿を見てもらえて良かったと思っています。産後も「何度も頑張ってくれてありがとう」「元気な赤ちゃんを産んでくれてありがとう」と言ってくれていて、これから一緒に私たちの子どもを育てていけそうだなと感じました。