バースレビュー

2015年8月31日

8月出産 30歳代 1経産

助産師さんから言葉をかけてもらい、家族に応援してもらって、痛みや苦しさを乗り越えられたと思います。

2人目の出産でしたが、分娩台に移ってからは、余裕が全く持てなかったので、すごく不安になってしまいましたが、助産師さんの指示で安心してお産をすることができました。

赤ちゃんが生まれてすぐに産声を聞く事ができて、とても幸せでした。


8月出産 30歳代 初産

世間でよく耳にする可愛さや愛おしさをハッキリ実感しました。

我が子が、こんなに可愛いものだとは思いませんでした。

世の中の人のほとんど多くは、生まれた時、お母さんにこんな風に心底愛されて、この世に生まれてきたんだろうなぁ。

そして、こんな気持ちになるのに痛みや正常分娩である事は必ずしも必要ない(あまり関係ない)なと思いました。

 


8月出産 30歳代 初産

主人に腰をさすってもらい、心折れそうなタイミングで、助産師さんがずっと声がけをして下さり、陣痛の来るタイミング等、とてもコントロールがぴったりで、この方のなら恐くないと思い、身をゆだねる事ができました。

初めてのお産は、とても上手にナビゲートしていただき、順序良くステップをふみ、出産までの1つ1つがステキなものになりました。


8月生まれ 20歳代 初産

家族に陣痛中、背中やお尻を押してもらっていたのですが、とても心強かったです。1人ではとうてい耐えられないと思いました。

いろんな人に支えてもらっての出産となりました。

陣痛中は、とにかく苦しかったのですが、赤ちゃんに酸素をたくさん送ってあげなければと思いつつ過ごし、乗り切りました。


2015年8月17日

8月出産 20歳代 初産

主人の立ち会いを希望していて 前駆陣痛で自宅で苦しんでいる時から支えてもらい、無事に出産時も立ち会いができました。前駆陣痛から苦しんでいる姿を見ていたのでどんどん痛みが強くなっていく私を見ているのが辛かった様ですが、そのおかげで「後もう少し!!」等常にはげましの言葉をかけてもらえたのが大きなサポートになりました。

分娩台で赤ちゃんが出てきた時は言葉にならない感動でした。主人も泣いていました。笑 息子の誕生を2人でむかえられた事は一生忘れないです。本当に立ち会いにして良かったです。あと自分が自分ではなくなってしまう程とりみだしてしまいましたが、、、それでも優しく親切に接して下さった助産師の方々には本当に感謝しかありません!!

体力的な所はボロボロでしたが、メンタルの部分は本当に支えてもらい、私が集中できるよう色々気遣いをして下さったりティアラじゃなかったら産めなかったかも、、、と思う位です。最高の出産の思い出ができました。


8月出産 30歳代 1経産

2回のお産を経験して思ったことは、お産というのは何度経験しても不安だし、怖いし、でもすごく幸せになれるものだということです。

つわりから始まり、お腹も重たく苦しいし、不安やイライラもいっぱい感じました。予定日が近づくにつれて緊張もするし、やはり怖くもなりました。でも産まれてきた小さな生命を胸に乗せてもらった時の“私達のところに来てくれてありがとう”という幸福感は、他にはない深い深い愛情を感じるものでした。

又、お産は、自分1人ではなく家族やお医者様、助産師さん、いろいろな人のサポートがあってできるものだと思いました。心配事や不安を聞いてもらったり、アドバイスをもらったりしながら、支えてもらっていたから、最後のお産の痛みも乗り越えられたんだと感じました。


8月出産 30歳代 1経産

感じたことといえば経験あるはずなのに やっぱりこんなに痛いもんだったっけかなあ!!??と。

ともかくがんばればよいことあるさ!とがんばりました。ツルッ(最後だけ笑)とでてきた子供の産声を聞くのはがんばった末の一番最初の最高のごほうびです。お産はとても素敵な経験ですが、これからの時間も楽しみでしょうがないです!


2015年8月14日

8月出産 30歳代 初産

普段とかわらぬ一日をすごしたその夜に生理痛の様な痛みが出産に至る、ある種非日常的で神秘的な経験になったとつくづく感じている。また役目を終えた胎盤を見せてもらった時に、不思議と静かなさびしさの様なものを感じ、短くも長かった妊婦生活の終わりと、いろんな経験をさせてもらった充実感でいっぱいになった。


8月出産 30歳代 3経産

4回目の出産になりますが、毎回違うものだなあと改めて実感しました。

赤ちゃんが産道を通る時は、やはり特別な気持ちがします。


2015年8月10日

8月出産 30歳代 1経産

100人いたら100通りのお産スタイルがあるんだろうなぁと。
ティアラは、そんな個々の不安やら身体の状態を丁寧にケアして頂けるので、割とリラックスして、赤ちゃんと一緒にお産を進行していることを実感できました。