バースレビュー

2016年6月24日

6月出産 1経産 30代

お産は1人でするのではなく、家族や助産師さんはじめ病院のスタッフの方々皆さんに支えてもらい、助けてもらい、力を頂いてするのだ、ということ!なので、まさにお産の最中は、とにかく一緒に支えてくれている方々を信頼して、心から頼って、安心してお産と向き合えば、乗り越えることができる、ということを感じました。

 


6月出産 1経産 30代

お母さんの産み出す力、赤ちゃんの産まれてくる力、助産師さんの的確な判断力。どれが欠けてもお産は成り立たないと改めて感じさせられました。


4月出産 初産 30代

生まれた時、自分では赤ちゃんが出たのかよくわからず、夫を見上げたら泣いていました。赤ちゃんが取り上げられ、私の胸の上に乗せられた時、お産が終わった安堵と達成感、赤ちゃんに無事会えた喜びで、自分でも驚くほど、いろんな感情があふれて涙が出ました。

 


2016年6月1日

5月出産 1経産 30代

陣痛が強くなってくると、すごく痛いし辛かったけど、赤ちゃんに会える時が近づいてる!と思って頑張りました。
赤ちゃんも生まれてこようとしているんだ、頑張っているんだ、と自分に言いきかせながら痛みに耐え、そして赤ちゃんが生まれ、胸の上に抱かせてもらった時は、「やっと会えたね。生まれてきてくれてありがとう」の気持ちでいっぱいでした。


5月出産 初産 30代

想像以上の痛みで耐える事以外何も考える余裕がなかった。出産前は立ち会いするかどうかどちらでも良いぐらいの気持ちでしたが、実際は主人が近くにいるだけで気持ち的に安心した。


5月出産 1経産 30代

どんどん進んでいく陣痛の割に、どんな体勢の方が楽かや、声を出してもまったく力が抜けず、ちゃんと息を吐いて、吸ってをした方が楽になる、というのを感じることができました。
陣痛がきている間も時計の秒針をみて「あと少しー」と思ったり、痛みが強くなるのを冷静に感じられたり、と前回よりも明るい気持ちで出産を語れそうです。


5月出産 1経産 20代

陣痛~出産まで、呼吸の仕方やいきみかたをスタッフの方が褒めてくれた時に、「今の感じでいいんだ!」と理解できたので励みになりました。
一番苦しい時にこまめに声かけをして下さったことがとてもありがたかったです!安心してお産ができました。