バースレビュー

2016年7月7日

7月出産 1経産 30代

2人目ということもあり、比較的早くお産が進んでいましたが、やはり最後の30分程は痛くて痛くて。でも、1人目の経験から、早く気絶すればいいのに、と思う痛みを何度か乗り越えると終わる、と思って頑張りました。最後のいきみは、お母さんが押してあげるから早く出ておいで!というかんじでよくわからなかったけど押したつもりです。


6月出産 初産 30代

陣痛時、あまりの痛さに何度も助産師さんに、「あとどれくらいで子宮口が開くのか?」など何度も同じことを聞いたり、ピーク時テニスボールでマッサージして下さったりと、今振り返ると本当にお産は1人では乗り越えられない事だと実感しました。


6月出産 初産 30代

終わりが見えないように感じた陣痛や体力がもつか不安になったいきみも、一緒についていて下さった助産師さんと旦那さんのサポートのおかげで乗り切ることができました。助産師さんには、楽な姿勢で陣痛を乗り切れるように工夫をして下さったり、ほっとできるような言葉をかけて下さったりと本当に助かりました。

妊娠中は立ち会うことに消極的だった旦那さんが、陣痛から出産までずっと立ち会ってくれたことに感動しました。一緒に娘の誕生を喜んでくれたのが嬉しかった。


6月出産 2経産 30代

どんな風にお産が進むのかはわかっていますが、そんな気持ちを払拭できずに挑んだ出産。全開になるまでの時間、色んな気持ちがかけめぐり、気持ちと痛みの戦いでした。でも、いざかわいい我が子を抱いてみると、痛みや不安はどこかに飛んでいくものですね。


6月出産 1経産 30代

前回は陣痛が長かったためか、分娩台ではほとんど感覚がないままお産が進んでいきましたが、今回は赤ちゃんが出てくる感じが分かり、「あぁ、一緒に頑張っているんだなぁ」と思いました。

 


6月出産 1経産 40代

いざ分娩台に上ったらいきみかたを忘れてる自分がいて驚きました。助産師さんの的確なアドバイスで思い出してきて、あれよあれよと出産できました。娘も立ち会う予定でしたが間に合わず、産まれた後に到着、赤ちゃんの周りをウロウロ嬉しそうに歩きまわり、赤ちゃんをのぞいていた姿を見てとても嬉しかった。

今回も立ち会ってくれた夫に感謝、産まれた直後、夫の顔を見たら、また泣いてました(笑)


6月出産 1経産 30代

お産の進行が1人目のときと全く違って早く進んだので、波がおさまった時も力が抜けず、それがしんどかった。前回よりも短時間だったぶん、痛さが一気にきて叫んだ。今回良かったのは、ずっと赤ちゃんもがんばっているんだからがんばらなきゃと思えたこと。


6月出産 2経産 30代

3人目の出産でしたが、やはり不安なこともあり、その度に助産師さんのアドバイスが心強く感じました。助産師さんの手が温かくとても気持ちが落ち着きました。やはり出産はすばらしいと思いました。


6月出産 初産 20代

痛いし、知人の奥さんは、産まれた直後に「もう一人!」と思ったなんて絶対嘘だ!!とか、代われないけど旦那に少し代わってほしい!!と、正直いきんでいる間は思ってました。

赤ちゃんが産まれて、赤ちゃん泣いて、そのあたりで、「あぁ、赤ちゃんだ。胸のとこに乗ってるー」と、現実に帰ってきました。