採用情報

2017年1月25日

お産の方法には、経膣分娩とママのお腹に窓を開けてあげる帝王切開分娩があります。

そして、帝王切開分娩には予定を組んで行われるものと、緊急で行われるものがあり、緊急の場合は心の準備も何の知識もない状態で、不安と恐怖の気持ちのままお産にのぞむことになる可能性があります。

経膣分娩に関しては、両親学級などで分娩の流れの説明がありますが、帝王切開分娩に関しては、情報が少ないです。

ご自身が3人のお子さんを帝王切開でお産された経験のある細田恭子先生が、優しく丁寧に皆さんのバースプランに役立つ情報をお話下さいます。

お産の時の不安を少しでも少なくするために、是非【ママのための帝王切開講座】にも、両親学級と合わせてご参加ください。

「帝王切開講座」と聞くと、帝王切開を受ける人、受けた人の講座の様に思われるかもしれませんが、

そんなことは、ありません。帝王切開を受ける方、受けた方に携わっている方でも受講可能です。

ご参加、お待ちしております。

17jinko_koukoku