バースレビュー

2019年2月17日

1月出産 20代 初産

10ヶ月お腹の中にいて、常に一緒だった赤ちゃんにいよいよ会えると思うと、自然とパワーが出てきました。女性にしか感じられない経験ができて、本当に幸せでした。


1月出産 30代 初産

何度も産院に電話して、今日はもう陣痛が治まるのでは、と思っていました。電話での指示で自宅でご飯を食べたりシャワーを浴びたりして過ごして、シャワー前に排便があり、スッキリしてからお産に望めたので良かったです。陣痛の痛みは大したことありませんでした。でも、いきみ逃しと深呼吸は混乱して、予習不足と反省。産まれる直前に頭を触ったり、胎盤を見たり、カンガルーケアで授乳したり、楽しかったです。


1月出産 20代 1経産

もちろんお腹の子も頑張っているし、何より目の前にいる息子も泣きながら頑張ってくれていたので、私も頑張れました。


1月出産 30代 1経産

お産のときは自分が苦しいのはもちろん、それ以上に赤ちゃんが一番キツイんだ、という事を忘れないようにお産に臨みました。一緒にこの苦しみを頑張って乗り越えているんだと思えることで、前回より気持ちの面で少し楽に感じました。


1月出産 30代 1経産

痛い時には、フーッと言いながら落ち着くようにしました。それでも辛くなってきた時、助産師さんの温かい手で丸く腰をさすってもらえたことと、夫がゴルフボールでマッサージしてくれた事、分娩台でいきむ時に手を握って居てくれた事で落ち着けました。「この子も狭い中頑張って降りてきているんだから、ママも頑張るよ!」と思えて、不思議と力が出せました。


1月出産 20代 初産

夫と助産師さん達がつきっきりでいてくれ、叫ぶ私に嫌な顔を全くせず、痛みが少しでも和らぐように全力でサポートしてくれたので、私も遠慮なく甘えることができました。痛みで、多くを語れない私の気持ちが伝わっているかのように的確なサポートで、陣痛も和らぎ、本当に心強かったです。生まれた瞬間からかわいかった!!!


2018年12月23日

12月出産 20代 初産

帝王切開になると全身麻酔になり、手術後に赤ちゃんに会えるのかと少し残念だと思っていましたが、実施は下半身麻酔で意識はあり、先生が赤ちゃんをとり出したところも見られ、少しでしたがカンガルーケアもさせてもらい、貴重な一瞬を見ることができてよかったです。


12月出産 30代 3経産

冷静に対応できたと思う。
台にのって「いきんでよい」と言われて、いきむタイミングの波がきてない気もしたけど、「出せるようなら早く出したい」という思いのままいきんだ。
前は会陰を切ってもらってするっと出ていたので、感覚が違い、途中でつまった感じがしたので「タイミングが早かったか!?間違えた!」と思ったけど、後にはひけないので、気合いのまま、次のなみで無理やり押し出した気分になった。体重を聞いたら今までで一番大きめで頭の大きさも大きかったとのことなので、この感覚はしかたのないことだと納得した。

 


12月出産 20代 初産

早く出てきてー!!!って言う思いが強かったです。会いたい気持ちはもちろん、痛みもすごかった。羊水が出た時は「もう少しだから頑張るぞ!!!」と思ったのを覚えてます。頭が出て、泣き声を聞いた時は涙が出てきました。出産って本当に大変だと実感しました。


12月出産 30代 1経産

2人目で楽観視していたのですが、やっぱり痛いし辛いし、この先のMAXの痛みを想像するだけで怖くて、妊娠したことを軽く後悔しました…が、思いのほかツルンッとお産が終わってしまい、拍子抜けしました。愛しさ満点です。