バースレビュー

2019年12月16日

12月出産  30歳代  1経産

前回のお産の時の痛みをばくぜんと覚えていたので、こわいと感じていましたが、いざ陣痛が短くなってみるとリアルに感覚を思い出したので、あとどのくらいで出てくるのかとか、想像がつき焦ることなく集中して出産できたと思います。1人目の時より早く終わるという事もあり、気持ちも前向きにいどめました。


11月出産  30歳代  2経産

陣痛が強くなってくると不安や緊張を感じましたが、何度もお世話になっている方々に囲まれて、安心して臨む事ができたとお観ます。
赤ちゃんと対面した時は本当にただただ感動と喜びと、ママも赤ちゃんも頑張った!やり切ったね!という安心感に包まれました。何度出産しても、この瞬間は本当に特別で、命の重みを感じて感動するなと思いました。


2019年11月22日

11月出産  20歳代  初産

「分娩室に移動しようか」と言われた時はもう救われた思いで、その後はひたすらに頑張りました。痛みで何も考えられないため、助産師さん達の呼吸の声かけが唯一頼りで、導いて下さった事に本当に救われました。
赤ちゃんがお腹にいることが分かってから数か月間、母親として自覚を持ったつもりでいましたが、実際に顔をみた時に何とも言えない気持ちになりました。


11月出産  30歳代  1経産

痛みを超えた後の喜びは格別。二回目もそう思えました。
怖さや恐ろしさを捨てましょう。痛いものは痛い。助産師さんの声は神の声、その通りにするのが良い。→目を開けて!生まれた! 今回は早く会えました。


11月出産  30歳代  1経産

呼吸に集中する事を気を付けていました。赤ちゃんが苦しくならないように息を止めないように、主人にも忘れていたら声かけてねと事前にお願いしていました。
陣痛で痛い時は赤ちゃんも頑張ってると思って声かけしていました。主人が立ち会えて本当に心強かったです。冷静で的確にサポートしてもらい有り難かったです。


10月出産  30歳代  初産婦

もちろんとっても痛かったですが、我慢出来る痛さでした!
出産の最中に赤ちゃんの頭がでるよ~、と触らせてもらって、より頑張ろうと思えました。
冷えているからと、足をずっとさすって下さったり、安心感がある中での出産でした。となりに夫がいてくれたことも大きかったです。


2019年10月21日

10月出産  20歳代  初産婦

陣痛は痛いし、壮絶でしたが、助産師さんの指導や旦那(夫)のサポートで、1人じゃない!と挑み続けることができました。

また、痛みの中にも破水の感覚や、外の雨音を感じたり、今振り返ると冷静な自分もいた気がします。

何より健康に産まれてきてくれた我が子に、育ってくれている中サポートしてもらった家族に感謝の気持ちでいっぱいです。


10月出産 30歳代 初産婦

耐えられる痛みの時は「早く会いたい♡」「やっと会える♡」という気持ちでしたが、本陣痛が後半となり痛みに耐える事に疲れ始めた頃には、「いつまで続くんだろう?」と、弱気になったり、「私が頑張らないといつまでも会えない!」と、自分を励ましたりと、色んな気持ちが入り混じっていました。

生まれた時は、やっと終わったとホッとし、じわじわと我が子に会えた感動がありました。

我が子ってこんなに可愛いんですね♡

 


2019年10月11日

10月出産 30歳代 2経産

お産の時の痛さを知っているので、やはり恐怖がまず先にきてしまいました。
赤ちゃんの事を考える余裕がなくなってきたので、これではまずいと思い、なるべく呼吸を整えて、赤ちゃんに酸素を送るイメージを心がけました。
助産師さんが呼吸を指導してくれたり、主人が腰をさすってくれたりしたのが励みになり、頑張れました。


10月出産 30歳代 1経産

家族と一緒にお産ができて良かったです。
予定日過ぎ、なかなか産まれない日々はイライラしてしまいましたが、しっかり成長して生まれた息子の姿を見て、この日で良かったと心から思えました。