外来について

医師は常勤産科医1名、非常勤産科医3名で診療を行っています。

※学会等により変更になる場合があります。
※木曜日午後は小児科医(担当医 岩間一浩)による1か月健診です。妊婦健診は休診になります。

★土曜日午前は佐藤陽一・川畑絢子・齋藤良介による交代診療となります。

初診用問診表ダウンロード

問診表をダウンロード、プリントし、ご記入の上、初診時にお持ちいただくと受付がスムーズです。

問診票ダウンロード

ワクチン接種について

風しんワクチン接種

平成26年4月1日より、①妊娠中の血液検査で風しん抗体が16未満の方 ②妊婦の配偶者を対象に、次回の妊娠に備えたMRワクチン(麻しん・風しん)の接種を行います。
免疫のない女性が妊娠初期に風しんに感染すると、そのウイルスが赤ちゃんにも感染し、先天性風しん症候群と呼ばれる病気により、心臓病、白内障、聴力障害などの心臓、目、耳などの障害のある赤ちゃんが生まれる可能性が高くなります。

詳細については鎌倉市ホームページ
http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/skenkou/rubella_subsidy.htmlをご覧ください。
市外にお住まいの方の助成や、ご不明な点についてはお問い合わせ下さい。
お問い合わせ:TEL. 0467-61-0311

助産師による妊婦健診

助産師による妊婦健診表

医師による健診と並行して、助産師が助産師外来を担当し、出産に向けた心と身体の準備などのサポートをしています。

メリット

・ 外来で助産師とじっくりコミュニケーションをとることにより、
妊娠中からお産の時、産後まで継続的なケアをご提供できます。
・ 出産後の母乳育児のために、妊娠中から乳房ケアについてアドバイスをいたします。
・ 健診をしながら個人的な相談に対応できます。
・ お産に向けた身体づくりへのアドバイスとともに、お産や子育てへの不安など、
妊婦さんの気持ちを大切にした関係作りをいたします。
・妻から母へ、夫から父へ、一人っ子からお兄ちゃん、
お姉ちゃんへと変化する家族のあり方を見守り、応援いたします。

お産後の外来

お産後の外来表

2週間健診

助産師が生後2週間の赤ちゃんの様子を診させていただきます。
9:00までにお集まり下さい。

1ヵ月健診

産後1ヵ月の診察をします。お母さんは高山照雄医師、赤ちゃんは岩間一浩医師
(小児科医)が担当いたします。13:30までにお集まり下さい。

母乳育児相談

当診療所では「母乳外来」を行っています。

詳しくは産後のサポートへ

診療日および診療時間

本診療所は予約制です。
初診の方も診療時間内に事前に電話予約をお願いいたします。

妊婦健診のスケジュール

※妊婦健診にお越しの際は、神奈川県内各市町村発行の「妊婦健康診査費用補助券」が
ご利用になれます。
※その他市区町村発行の補助券をお持ちの方は、発行元の市区町村へお問い合わせ
ください。

妊婦健診で行う検査内容

費用のご案内

里帰り分娩

他院で妊婦健診を受け、当院で分娩される場合

・当院での分娩をお考えの方は、早めに一度お電話にて、受診の予約をお取りください。
・ご予約、ご相談のお電話は、診療時間内にお願い致します。
・ご予約後、初めての受診の際には、今おかかりの病院から検査結果も含めた紹介状を
お持ちください。
・妊娠20週頃、胎児スクリーニング超音波検査を受けて頂きます。
・妊娠33~34週の妊婦健診から当院で受診してください。

妊婦健診は当院で受け、他院で分娩される場合

・母子手帳は住民票のある市区町役場の窓口で発行してもらってください。
・分娩先の病院には、ご自身で連絡して分娩予約方法を確認してください。
・ティアラかまくらでの妊婦健診は妊娠32週までとなります。それ以前に転院される
方はお申し出ください。
・妊婦様全員に、妊娠初期は感染症等の確認のため、血液検査を受けて頂きます。
・転院の際は分娩先の医療機関宛て紹介状をお渡し致します。

※神奈川県各市町村の補助券が使えます。
※県外の補助券利用については、各市区町村へお問い合わせください。